オンラインセミナーで移動の手間を省く│時間に囚われないセミナー

女の人

ITの活用

弁護士バッジ

ITを使用することによって、弁護士業務の効率化を図ることができます。現在、ITを駆使している弁護士事務所はまだまだ少ないのが現状です。だからこそ、ITソフトを導入することで、他の弁護士事務所との差を広げることができるのです。このことを意識して、ITソフトの導入を進めている弁護士もいます。弁護士に限らず、公認会計士や司法書士といったあらゆる士業の先生もこれからはITを使って業務効率を行っていく時代だと認識しています。ですから、弁護士として法曹会を引っ張っていくのであれば、業務効率を進められるソフトを率先して使うことをおすすめします。そうすれば、弁護士業界だけでなく法曹会全体の活性化につながっていくのです。

それでは、ソフトを使ったIT化を進めることでどのような効率化を実現することができるのでしょうか。まずひとつめとして、人事管理の簡素化を挙げることができます。人事管理とは、弁護士事務所に勤めているスタッフの勤怠管理や給与管理のことを指します。弁護士は法律に関わる仕事に専念できますので、顧客対応をするだけでよくなります。スタッフ管理という重要な仕事の大部分をソフトに頼ることによって、本来的な業務に従事できる時間が増えるというメリットがあります。もうひとつ効率化できる業務を挙げるとすれば、顧客管理でしょう。多数の顧客をITで管理することによって、手作業によるミスを防ぐことができます。顧客名簿の検索も瞬時に行うことができるようになります。