オンラインセミナーで移動の手間を省く│時間に囚われないセミナー

女の人

複雑な管理を一元化

弁護士

目に見える効率化の実績

最近弁護士事務所で人気になっているのが案件管理のシステム導入です。弁護士の案件は、報酬こそ一般庶民に手の届くサービスを展開し顧客数の増加をビジネススタイルとしている事務所が多くなっていますが、利益や収益面を考えるとその分案件をこなす必要があります。そして案件数が多くなると重要になるのが案件管理方法です。専用のシステムを導入しない場合、手帳などに手書きするケースが一般的です。見やすくすることはできますが反面案件管理に時間を要します。システムの導入で効率化を図ることができますが、外出の多い弁護士は外でも案件管理できるシステムを導入することが一般的です。管理方法よりも携帯性に優れているほうが重宝するのです。

多くの事務所で導入

システムは主に、案件管理、スケジュール管理、報酬管理、経費管理があります。案件管理は抱えている仕事の進捗状況を一目で確認できるためのものです。そしてそれらの案件のスケジュールを管理する機能が追加されています。報酬管理は、一人で事務所を経営している人などにとっては便利な機能です。経理システムを追加導入しなくても済むからです。さらに外出の多い弁護士は、経費の管理も一元してできるため、効率化を図ることが可能なのです。弁護士案件の管理は複雑になっていることが多く、一般的なビジネスマンが使用するスケジュール管理では、機能が不足しています。そのため専用の設計にしているソフトが人気になっているのです。多くの弁護士事務所で導入されています。